街頭紙芝居を描いた画家たち!

昭和20年代の紙芝居黄金期には、たくさんの紙芝居画家がおりました。

中でも、三邑会で絵を描いていた画家は、その筆力に優れ、平成の子どもたちの瞳も釘づけにする力を持っています。

映画を見るような動きと迫力、リアルな人物、細かく書き込まれた背景、原色、渋みを自由自在に取り込んだ色彩力、どれをとっても一級品です。ここに代表的な画家の紹介を致します。

                                      

                     『所蔵大阪国際児童文学館紙芝居目録 1990』(大阪国際児童文学館)にもとづく。 


くつなつとむ